このページの本文へ移動

大崎駅西口F南(おおさきえきにしぐちえふみなみ)地区第一種市街地再開発事業
(品川区決定)

(平成31年3月31日現在)

1.概要

 本事業は、大崎駅西口駅前エリアにあって木造密集市街地の建物共同化により、土地の高度利用・有効利用を図り、大崎副都心の拠点性を高めるとともに良質な都市型住宅の供給を図るものである。
 大崎駅南改札から後背地にいたる連続した歩行者デッキネットワークや歩道状空地の整備、緑豊かなオープンスペースの形成、低層部への子育て支援施設や生活支援施設の整備など大崎副都心に必要な基盤整備や機能導入を図る。

2.計画内容

施行者
大崎駅西口F南地区市街地再開発組合(予定)
所在地
東京都品川区大崎三丁目
面積
約0.6ha
総事業費
約286億円
整備内容
施設建築物
 延べ面積 約約49,200平方メートル
 主要な用途(住宅・事務所・店舗・保育所 等)
 住宅戸数 約500戸

3.主な経過及び経緯

再開発準備組合設立 平成19年 8月
都市計画決定告示平成30年 3月
組合設立(事業計画認可)令和元年(予定)
権利変換計画認可令和2年(予定)
施設建築物工事令和2年~令和5年(予定)

4.その他(関連都市計画等)

・地区計画(再開発等促進区)

イメージパース
イメージパース

位置図
区域図