このページの本文へ移動

都市の3Dデジタルマップの実装に向けた産学官ワーキンググループ

 東京都は、進展するICTなどの情報技術の活用と併せ、蓄積された様々なデータを使うことで、都市づくりのデジタルトランスフォーメーションとともに、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の実現を図ることとしています。建物や道路などを仮想空間上に再現する、いわゆる都市のデジタルツイン【注1】の基盤となる、都市の3Dデジタルマップ【注2】の検討に向け、都は学識経験者や民間事業者等と連携し「都市の3Dデジタルマップの実装に向けた産学官ワーキンググループ」(以下「ワーキンググループ」という。)を令和2年12月1日に設置しました。

【注1】デジタルツインとは、センサーなどから取得したデータをもとに、建物や道路などを、サイバー空間(コンピューターやコンピューターネットワーク上の仮想空間)上に「双子(ツイン)」のように再現したもの。

【注2】都市の3Dデジタルマップとは、地形や道路などの2次元の地理情報の上に建物や地物などの3次元の情報を組み込んだものである。都市の3Dデジタルマップを構築することで、様々な調査・分析、政策検討ツールとしての地図の進化はもとより、人口知能(AI)、IoT、自動運転、環境技術などの技術革新や各種ビッグデータとの連携により、移動・物流、防災、まちづくり、ウェルネス、エネルギーなど多様な領域からの街のデジタルトランスフォーメーションにより、誰もが快適な生活を送ることのできる、活力に満ちた「スマート東京」へのアップデートを支える新たな基盤となることが見込まれる。

設立目的

 本ワーキンググループは、東京都が整備すべき3Dデジタルマップの仕様について検討を行うとともに、民間活力の活用など、より効率的かつ効果的な3次元データ収集スキームや管理体制、活用内容など、導入・運用手法の構築を見据えた検討を行うことを目的とする。

【第一回】

【第二回】

お問い合わせ先

都市づくり政策部 広域調整課 都市政策担当
(直通)03-5388-3383