このページの本文へ移動

飯田橋駅周辺基盤整備方針検討会

 飯田橋駅周辺の道路、鉄道駅及びコンコース等の都市基盤について、駅周辺のまちづくりと連携して、充実・強化を図るための指針となる「飯田橋駅周辺基盤整備方針」を策定することを目的として設置しました。

《設置要綱》

《第1回》

  • ◆日時 令和元年11月20日(水曜日) 午前10時00分から午前11時30分まで
  • ◆議事
  • ・都市基盤の現状、課題と取組の方向性

※会議関係資料については、本検討会の検討結果取りまとめ後に公開します。

《第2回》

  • ◆日時 令和2年2月14日(金曜日)午前10時00分から午前11時30分まで
  • ◆議事
  • ・都市基盤の現状、課題と取組の方向性

※会議関係資料については、本検討会の検討結果取りまとめ後に公開します。

《第3回》

  • ◆日時 令和2年3月30日(月曜日) 書面開催
  • ◆議事
  • ・都市基盤の現状、課題と取組の方向性
  • ・基盤整備方針(案)について

※会議関係資料については、本検討会の検討結果取りまとめ後に公開します。

《第4回》

  • ◆日時 令和2年5月29日(金曜日) 書面開催
  • ◆議事
  • ・基盤再整備構想(案)について

※会議関係資料については、本検討会の検討結果取りまとめ後に公開します。

《第5回》

  • ◆日時 令和2年8月5日(水曜日) 書面開催
  • ◆議事
  • ・基盤再整備構想(案)について
  • ・パブリックコメントの結果と見解・対応(案)について

※会議関係資料については、本検討会の検討結果取りまとめ後に公開します。

「飯田橋駅周辺基盤再整備構想」の策定について

 都は、飯田橋駅周辺の道路、鉄道駅及びコンコース等の都市基盤について、駅周辺のまちづくりと連携し、その充実・強化を図るための指針を策定することを目的として、昨年11月に検討会を立上げ、検討を進めて参りました。
 この度、基盤整備方針の前段として、整備の方向性を取りまとめた「飯田橋駅周辺基盤再整備構想」を策定しましたのでお知らせいたします。

  1. 1.基盤再整備構想のポイント
     都市開発の機会を捉え、多様な機能を誘導するとともに、駅まち一体開発(※)の取組を進め、交通結節機能等の更なる強化を目指します。

    ○基盤再整備の方向性
    • (1) 駅を中心とした、分かりやすく快適な移動空間の形成
       鉄道駅コンコースなどの歩行者空間の拡充、縦方向の動線強化、交通結節機能の強化 など
    • (2) まちの結節強化と顔づくり
        歩道橋の機能強化、ゆとりのある空間や立体的な空間の創出 など
    • (3) 地震・水害などの災害時にも安全・安心に過ごすことができる環境づくり
       災害時にも安全に避難できる動線の確保、一時滞在施設や一時滞留スペースの確保
    • (4) 外濠のみどりが周辺へ連続する景観づくり
       まちづくりと連携した目に見えるみどりの整備
    • ※「駅まち一体開発」とは、都市開発の機会を捉えて、鉄道駅や駅周辺の都市基盤の再整備や、地下鉄駅の顔づくりを進め、便利でにぎわいのある空間を創出する取組をいう。

  2. 2.閲覧方法・場所
    • ・本ページ
    • ・都市整備局都市基盤部交通企画課企画担当(都庁第二庁舎11階南側/問合せ先03-5388-3284)

  3. 3.資料

お問い合わせ先

都市整備局都市基盤部交通企画課
電話 03-5388-3284