このページの本文へ移動

築地まちづくり

最終更新日:令和2(2020)年10月20日

●概要

 2018 年10 月、豊洲市場が開場し、築地市場があった当地区に約23 ヘクタールという大規模な敷地が創出されることとなりました。
 都心のまたとないロケーションにあり、浜離宮恩賜庭園や銀座、隅田川、そして食文化など、この地のポテンシャルを生かし、その魅力と付加価値を高め、東京の持続的成長につながる、新たなまちづくりを行っていく必要があります。
 2018 年5月に、外部の有識者から成る築地再開発検討会議により取りまとめられた「築地まちづくりの大きな視点」を踏まえ、都として築地のまちづくりの将来像や方向性、進め方を示した「築地まちづくり方針」を策定しました。
 今後、本方針に基づき、環境都市の実現にも寄与しながら、当地区のまちづくりを推進していきます。

築地地区画像

●主な経緯

平成29年9月
(2017)
「築地再開発検討会議」の設置
 築地の魅力を最大限に生かした再開発に向けて、各分野でご活躍の方々から、自由な発想で幅広いご意見をいただき、築地まちづくりの大きな視点として整理することを目的として、「築地再開発検討会議」を設置しました。
平成30年5月
(2018)
「築地再開発検討会議」において、「築地まちづくりの大きな視点」を都に提言
 平成30年5月に外部の有識者からなる「築地再開発検討会議」から、築地再開発に当たっての基本的な方向性や考え方などを示した「築地まちづくりの大きな視点」が知事に手交されました。
平成30年6月
(2018)
「築地まちづくり庁内検討会」の設置
 「築地まちづくりの大きな視点」を踏まえて、庁内で都として「まちづくり方針」の策定に向けて、「築地まちづくり庁内検討会」を立ち上げ、検討しました。
平成30年7月
(2018)
「築地まちづくり検討委員会」の設置
 築地まちづくり検討委員会と連携し、東京都において策定する「築地まちづくり方針(仮称)」の原案を検討しました。
平成31年1月
(2019)
「築地まちづくり方針(素案)」の公表とパブリックコメントの実施
 「築地まちづくり方針(素案)」を公表し、都民の皆様からのご意見を募集しました。
平成31年3月
(2019)
「築地まちづくり方針」の策定
 旧築地市場跡地の再開発について、都としての将来像や方向性、進め方を示すものとして、「築地まちづくり方針」を策定しました。
令和元年11月
(2019)
築地地区まちづくり先行整備事業の実施方針の方向性について(船着場周辺エリア(第0段階))
 築地地区まちづくりの本格的整備に先立って、船着場周辺エリアを整備、定期借地による中期間の活用をすることで、にぎわいの早い段階からの創出を図るため、船着場周辺エリアにおける事業実施方針を年度内に定めます(※)。本資料は、事業実施方針の方向性を示したものです。(検討中の内容であるため、今後変更になることがあります。)

(※)令和2年3月24日 予算特別委員会における知事答弁
「築地まちづくりの先行整備事業の実施方針につきましては、今年度策定の予定でございました。一方、今ご指摘がございましたように、東京2020大会の開催につきまして、ここへ来ましてIOCは大会の延期も含めて4週間以内に結論を出すといった状況の大変化がございます。よって、この状況の変化を踏まえまして、その動向が明らかになって以降、その結果を踏まえながら、内容を見直し、公表することといたします。」
令和2年9月
(2020)
築地地区まちづくりの事業者募集の方向性について
 先行整備と本格整備の事業者を令和4(2022)年度に一体的に募集する方向で、事業の実施方針等を検討していくこととしました。(※)
(※)令和3(2021)年度中に実施方針を公表できるよう検討  

お問い合わせ先

都市づくり政策部 土地利用計画課 築地まちづくり推進担当
直通 03-5388-3204