このページの本文へ移動

東京都選定歴史的建造物詳細 83~92

83 東京藝術大学赤レンガ1号館

建造物写真

所在地
台東区上野公園12番8号
建物
建設年
明治13年(1880)
設計者
林忠恕
構造・規模(地下)
れんが造 地上2階建
最寄駅
JR上野駅・鴬谷駅
概要
旧上野教育博物館書籍閲覧所書庫。東京に現存する最古のれんが造で、明治初期建築の意匠の特徴をさまざまに有している

84東京藝術大学赤レンガ2号館

建造物写真

所在地
台東区上野公園12番8号
建物
建設年
明治19年(1886)
設計者
小島憲之
構造・規模(地下)
れんが造 地上2階建
最寄駅
JR上野駅・鴬谷駅
概要
旧東京図書館書籍庫。現存するれんが造としては、隣接する赤れんが1号館に次いで都内で2番目に古い。入口の尖塔アーチや最上部の丸窓などが特徴的

85 東京藝術大学陳列館

建造物写真

所在地
台東区上野公園12番8号
建物
建設年
昭和4年(1929)
設計者
岡田信一郎
構造・規模(地下)
RC造 2階
最寄駅
JR上野駅・鴬谷駅
概要
学生等の作品の展示施設。黒田記念館とともに、茶色のスクラッチタイル張りの調和のとれた景観を形成

86東京藝術大学正木記念館

建造物写真

所在地
台東区上野公園12番8号
建物
建設年
昭和10年(1935)
設計者
金澤庸治
構造・規模(地下)
RC造 2階
最寄駅
JR上野駅・鴬谷駅
概要
東京美術学校5代校長・正木直彦の業績を記念して建てられた作品陳列館。昭和初期に流行したRC造の躯体に城郭風の屋根を載せた帝冠様式が特徴

87東京藝術大学旧東京美術学校玄関

建造物写真

所在地
台東区上野公園12番8号
建物
建設年
大正2年(1913)
設計者
文部省建築課(鳥海他郎)・大澤三之助・古宇田實
構造・規模(地下)
木造
最寄駅
JR上野駅・鴬谷駅
概要
昭和47年の学校本館取り壊しの際、玄関部分のみ正木記念館中庭に移築。周囲とよく調和しており、移築保存の好例

88 渡邉家(蔵)

建造物写真

所在地
日野市日野本町四丁目2番地の9
建物
建設年
江戸末期~明治初期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造 2階建
最寄駅
JR中央線日野駅
概要
旧甲州街道沿いの店蔵。建設当初は土蔵であったが、関東大震災の影響を受け、昭和5年に大谷石による張石蔵へと改修されている。日野宿の文化を物語る貴重な建物

89 宮川食鳥鶏卵

建造物写真

所在地
中央区築地一丁目4番7号
建物
建設年
昭和4年(1929年)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造3階建
最寄駅
東京メトロ有楽町線新富町駅
概要
東京及び近県で、関東大震災以降に多く建てられた看板建築の一つ、壁材の銅板が青黒く見え、昭和初期の商店の雰囲気を醸し出している。

90 聖将山東郷寺山門

建造物写真

所在地
東京都府中市清水が丘三丁目40番10
建物
建設年
昭和15年(1940年)
設計者
伊東忠太
構造・規模(地下)
木造
最寄駅
京王線 多磨霊園駅
概要
通常の八脚門に比べて規模が格段に大きく、装飾的要素が少ないことが、なお雄大さを際立たせている。

91 丹三郎屋敷長屋門

建造物写真

所在地
東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎260
建物
建設年
江戸中期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造平屋建
最寄駅
JR青梅線古里駅
概要
門の両側に部屋が連なる形式の長屋門、吉野街道沿いの集落にあり、奥多摩における四季折々の美しい里山景観を形成している。

92 大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)

建造物写真

所在地
東京都国分寺市南町1丁目7番34号
建物
建設年
昭和43年(1968年)
設計者
鬼頭梓建築設計事務所
構造・規模(地下)
RC造 1階一部2階(2)
最寄駅
JR線・西武線 国分寺駅
概要
本建築はキャンパス内の園路の軸線上に正面を構え、創設者の銅像とともに大学の象徴的な建築となっている。
キャンパス裏側の公開空地からも崖上に立地する本建築を樹木越しに視認することができる。

<前の10件 次の10件>