このページの本文へ移動

市街地再開発事業

URBAN REDEVELOPMENT PROJECT

事業の目的

 本事業は、大会時の選手用宿泊施設等として一時使用され、大会後に本整備のうえ分譲又は賃貸される住宅棟(板状)21棟及び商業施設1棟に加え、住宅棟(超高層タワー)2棟を大会後に整備することにより、多様な人々が交流し快適に暮らせるまちづくりを行うことを目的としています。

市街地再開発事業施工地区
平成26年12月撮影
市街地再開発事業施工地区

事業の概要

 都は、中央区晴海において、平成28年4月に晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業に着手し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「大会」という。)の選手村の整備と、大会後のレガシーとなるまちづくりに取り組んでいます。
 大会時には選手用の宿泊施設として一時使用し、大会後には住宅となる建物等について、特定建築者制度を導入し、民間事業者の資金と開発ノウハウを活用して整備を進めています。
 大会後のレガシーとなるまちづくりに向けて、都心から近く海に開かれた立地特性を生かして、子育てファミリー、高齢者、外国人など多様な人々が交流し、いきいきと生活できるまちづくりを進めていきます。

事業の内容

晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業

東京都(個人施行)

東京都中央区晴海五丁目の一部

約18ha
平成28年度~令和7年度
約540億円(特定建築者の整備費を除く)
( )内は
建物高さ・階数
21棟(約50?60m、14?18階)
2棟(約180m、50階)
1棟(約25m、3階)
約5,650戸(賃貸約1,490戸、分譲約4,160戸)
施設建築物の設計の概要
  5-3街区 5-4街区 5-5街区 5-6街区 5-7街区 合 計
敷地面積 26,310m2 23,640m2 37,450m2 35,180m2 11,360m2 133,940m2
建築面積 7,590m2 7,890m2 12,990m2 10,970m2 7,010m2 46,460m2
延床面積 112,870m2 104,490m2 223,790m2 209,420m2 19,620m2 670,210m2
容積対象面積 78,390m2 70,780m2 147,570m2 138,930m2 19,400m2 455,080m2
主な用途 住宅
保育所
老人ホーム
住宅 住宅
店舗
住宅
店舗
店舗  
公共施設の設計の概要
種 別 名称 幅員 延長 備考
幹線街路 補助第314号線 25m 210m 都道
区画道路 区画道路5-1号 23m 380m 区道
区画道路 区画道路5-2号 25m 100m 区道
区画道路 区画道路5-3号 36m 260m 区道
区画道路 区画道路5-4号 18m 830m 区道

※幅員は全幅員 ※数値はすべて概算

事業手法の紹介

市街地再開発事業

 市街地再開発事業は、都市再開発法に基づき、建築物と公共施設を一体的に整備することにより、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることを目的とした事業です。
 個人、市街地再開発組合、再開発会社、地方公共団体、都市再生機構、地方住宅供給公社等が施行することができるとされています。

特定建築者制度

 施設建築物の建築と保留床の処分を施行者に代わり、他の者(特定建築者)に実施させることができる制度です。
 この制度により、民間資金やノウハウを積極的に活用することができるようになり、より魅力的で処分性の高い建物を建築し、事業を円滑に推進することができます。
 本事業では、三井不動産レジデンシャル株式会社、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社、新日鉄興和不動産株式会社、住友商事株式会社、住友不動産株式会社、大和ハウス工業株式会社、東急不動産株式会社、東京建物株式会社、野村不動産株式会社、三井不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社を公募により、特定建築者として選定しました。

東京都・特定建築者の
役割分担(整備内容)

東京都

  • 再開発事業の施行者
  • 道路等の基盤整備

特定建築者

  • 建築敷地における
    施設建築物の整備

4つの環境認証を取得

 本事業では、積極的な緑化や省エネ設備の導入、雨水の再利用などの取組みを進め、環境に配慮したまちの実現を目指しています。これらの取組みが評価され、本事業は以下の4つの環境認証を取得しました。

LEED-ND(リードエヌディ)

LEED-ND
(リードエヌディ)

エリア開発の省エネや環境配慮を評価

SITES(サイツ)

SITES
(サイツ)

オープンスペース、緑化空間も含めた持続可能なまちづくりを評価

ABINC ADVANCE(エイビンクアドバンス)

ABINC ADVANCE
(エイビンクアドバンス)

生物多様性保全の取り組みを評価

CASBEE街区(キャスビー)

CASBEE街区
(キャスビー)

省エネや景観配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価

民間と連携した街づくり

 都は、特定建築者と連携し、公共空間と建築敷地が一体となったまちづくりを進めています。広幅員の歩道空間を官民が一体となって整備するなど、一体感のある魅力的な街並みや快適な歩行空間を形成します。

一体的なまちづくりのイメージ

一体的なまちづくりのイメージ
市街地再開発事業施行地区
市街地再開発事業施行地区

再開発事業の周辺で整備される施設

臨港消防署 新庁舎

 5-5街区西側には臨港消防署の本署庁舎が新しく建設されます。

臨港消防署新庁舎イメージ
臨港消防署新庁舎イメージ ※平成29年3月時点のイメージ
東京消防庁提供

水素ステーション

 BRT運行事業者等が運行する燃料電池バスや一般の燃料電池自動車への水素の供給源として晴海五丁目に整備される計画です。

業者提案時の水素ステーションイメージ
事業者提案時の水素ステーションイメージ

小中学校

 隣接地には小中学校が新設される予定です。

校舎イメージ
校舎イメージ ※平成30年9月時点のイメージ/
晴海地区新設小学校中学校建設準備協議会資料より 

マルチモビリティステーション

 BRTや都営バス、コミュニティサイクルやカーシェアリングといった様々な交通への結節点となるマルチモビリティステーションが整備される予定です。

マルチモビリティステーション
施設イメージ

事業スケジュール

工事スケジュール

事業スケジュール

進捗状況のお知らせ

タイムラプス映像

LINK[東京2020大会]選手村 タイムラプス映像

定点写真

令和元年12月時点

1
1
2
1
定点写真 【撮影場所・方向】
定点写真 【撮影場所・方向】

LINK定点写真のページへ

工事かわら版

 近隣にお住いの方々へ、「工事かわら版」を発行し、選手村関連工事の進捗状況等をお知らせしています。

LINK工事かわら版のページへ

道路などの整備

 高潮対策のため、約2.5m地盤を嵩上げします。電線類を地中化し、無電柱化することにより景観に配慮します。下水管などのライフラインを整備します。

区画道路5-3道路イメージ断面スケッチ(A-A’断面)

区画道路5-3道路イメージ断面スケッチ(A-A’断面)

電線共同溝の設置(イメージ)

特殊部
管路部

・BWIからの報告書における指摘に対する現状認識の掲載について

 2019年5?、国際建設林業労働組合連盟(以下「BWI」という。)より、東京都、公益財団法?東京オリンピック・パラリンピック競技?会組織委員会(以下「組織委員会」という。)及び独??政法??本スポーツ振興センターの三 者に対して、オリンピック関連施設の建設現場における労働環境に関する報告書が送付されたところです。
 当該報告書には、選手村の建設現場に対して具体的に指摘している部分もあることから、都及び組織委員会で特定建築者への照会や現場調査を行うとともに、BWIにも詳細情報を確認しているところですが、このことに関する2019年7月19日時点での 都及び組織委員会の現状認識を掲載いたします。

BWIからの報告書における指摘に対する現状認識の掲載について【選手村】(PDFファイル352KB)

Tokyo Metropolitan Government (TMG), the Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games (Tokyo 2020) and Japan Sport Council received a report on the working conditions at Games construction sites from the Building and Wood Workers’ International (BWI) in May 2019 .
Since the aforementioned report includes sections noting specific issues in relation to Athletes’ Village construction site, we, TMG and Tokyo 2020, made an inquiry to the designated builders and conducted a safety inspection. While we also requested BWI for more detailed information, we would like to present our understanding on these issues as of July 19 2019.

Publication of our current understanding on the issues pointed out in the BWI’s report in relation to Athletes’ Village construction site(PDFファイル219KB)

【関連リンク先(Ahead of related links)】
オリンピック・パラリンピック準備局のホームページ(Website of Bureau of Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020 Preparation,Tokyo Metropolitan Government)別ウインドウを開く
組織委員会のホームページ(Website of the Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)別ウインドウを開く

・BWIからの報告書における指摘に関して(経過報告)
国際建設林業労働組合連盟(BWI)の報告書における指摘に関して(組織委員会ホームページ 2019年8月23日掲載)

お問い合わせ先

市街地整備部 再開発課 選手村調整担当
電話 03-5320-5114