このページの本文へ移動

晴海とは

平成30年3月撮影
ABOUT HARUMI

晴海の歴史

1955
晴海ふ頭1バース 供用開始
1964
東京オリンピック1964
1991
晴海客船ターミナル 供用開始
2000
都営大江戸線「勝どき駅」開業
2006
晴海四・五丁目
土地区画整理事業事業認可(東京都)
ゆりかもめ 有明~豊洲間延伸開業
晴海大橋開通
2009
首都高晴海線(豊洲?東雲JCT)開通
2013
2020年オリンピック・パラリンピック開催都市が東京に決定
2015
2020年に向けた東京都の取組
?大会後のレガシーを見据えて?策定(東京都)
2016
晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の認可取得
2018
首都高速晴海線(晴海?豊洲)開通
1956年(昭和31年)撮影
※国土地理院提供
1992年(平成6年)撮影
※国土地理院提供
2021
東京2020大会
大会後改修工事
2025年度
晴海五丁目西地区第一種市街地
再開発事業完了
2017年(平成29年)撮影

平成30年3月撮影

晴海のまちづくり

晴海地区市街地整備事業の歴史

凡例 市街地再開発事業 土地区画整理事業

市街地再開発事業

地区名 施行者 面積
01 晴海一丁目地区第一種市街地再開発事業 組合・都市機構 10.0ha
02 晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業 都市機構 4.1ha
03 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 東京都(個人施行) 18.0ha

土地区画整理事業

地区名 施行者 面積
04 晴海四丁目・五丁目土地区画整理事業 東京都 23.0ha
05 晴海二丁目土地区画整理事業 組合 13.2ha
06 晴海三丁目西土地区画整理事業 中央区 4.1ha

お問い合わせ先

市街地整備部 再開発課 選手村調整担当
電話 03-5320-5114