このページの本文へ移動

東京都選定歴史的建造物詳細 41~50

41 高安寺本堂

建造物写真

所在地
府中市片町二丁目4番地の1
建造物
建設年
享和 3(1803)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造、一重
最寄駅
京王線、JR南武線 分倍河原駅
JR南武線・武蔵野線 府中本町駅
概要
暦応年間(14世紀)に創設、建長年間(17世紀)に再興された寺院。本堂は、寛永元(1624)年に火災で焼失した後、再建されたもの。正面に掲げる「等持院」の扁額は、開基となった足利尊氏公の法嗣名。内陣や大間の組物廻りに意匠を凝らした点に特徴が見られ、大縁(八尺間)は禅寺基本の姿をとどめている。
選定番号
49

42 高安寺山門

建造物写真

所在地
府中市片町二丁目4番地の1
建造物
建設年
明治 5(1872)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造、楼門
最寄駅
京王線、JR南武線 分倍河原駅
JR南武線・武蔵野線 府中本町駅
概要
本堂の東方に位置する規模の大きい二重門。初層の左右からも出入りできる点に特徴がある。山門の左右に仁王像が安置されている。安政4(1857)年に托鉢で集めた浄財を基に、明治に入り再建に取り掛かったが、明治5年に廃仏毀釈の世相を受け工事を中断、現在は完成している。
選定番号
50

43 高安寺鐘楼

建造物写真

所在地
府中市片町二丁目4番地の1
建造物
建設年
安政 3(1856)
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造、袴腰
最寄駅
京王線、JR南武線 分倍河原駅
JR南武線・武蔵野線 府中本町駅
概要
袴腰付きで、虹梁型頭貫の木鼻位置には龍の丸彫を配している。
高安寺の鐘は江戸幕府の指定した「時の鐘」であった。創建当初の鐘は享和元(1801)年の火災で焼失し、現在の鐘は安政3年に改鋳された。下谷保の金屋関忠蔵父子が鋳造したとされる。
選定番号
51

44 自由学園初等部食堂

建造物写真

所在地
東久留米市学園町 一丁目8番
建造物
建設年
昭和 6(1931)
設計者
遠藤 新
構造・規模(地下)
木造、平屋建て
最寄駅
西武池袋線 ひばりヶ丘駅
概要
この建物は、既に建てられていた南側の4つの教室と呼応して、中央に配置され、両脇に中庭を囲む回廊と教室がある。建物とその周囲に児童のためのスケール感が漂っている。
選定番号
52

45 自由学園女子部体操館

建造物写真

所在地
東久留米市学園町 一丁目8番
建造物
建設年
昭和 9(1934)
設計者
遠藤 新
構造・規模(地下)
木造、平屋建て一部2階
最寄駅
西武池袋線 ひばりヶ丘駅
概要
横に細長く延びる棟の中央に、半円状の体操室が突き出ており、開口部を大きく採って、前面の大芝生と一体となったスケール感の大きな景観を見せている。
選定番号
53

46 自由学園女子部講堂

建造物写真

所在地
東久留米市学園町 一丁目8番
建造物
建設年
昭和 9(1934)
設計者
遠藤 新
構造・規模(地下)
木造、平屋建て一部2階
最寄駅
西武池袋線 ひばりヶ丘駅
概要
女子部校舎群の中で西側の丘に位置し、半円形の池を通して教室、食堂方向につながっている。外部から見ると屋根高が低く抑えられた設計となっている。
選定番号
54

47 自由学園男子部体育館

建造物写真

所在地
東久留米市学園町 一丁目8番
建造物
建設年
昭和 11(1936)
設計者
遠藤 新
構造・規模(地下)
木造、平屋建て一部2階
最寄駅
西武池袋線 ひばりヶ丘駅
概要
正面は、高く大きな開口部をとって、多くの光が室内に入るようにしている。左右に張り出した2階建部分の下がアーチ型の出入口になっている。
選定番号
55

48 聖母病院

建造物写真

所在地
新宿区中落合 二丁目5番1号
建造物
建設年
昭和 6(1931)
設計者
マックス・ヒンデル
構造・規模(地下)
RC造 3階
最寄駅
西武新宿線 下落合駅 北口・南口
概要
キリスト教の精神に基づき開院した国際病院で、うす茶色のタイル張りの外壁と建物の中央に立つ二つの塔が特徴となっている。
選定番号
56

49 新宿区立林芙美子記念館

建造物写真

所在地
新宿区中井 二丁目20番1号
建造物
建設年
昭和 16(1941)
設計者
山口文象
構造・規模(地下)
木造、平屋建て
最寄駅
西武新宿線 中井駅 北口
都営大江戸線 中井駅 A1出口
東京メトロ東西線 落合駅 2a出口
概要
作家・林芙美子が、住んでいた家。芙美子の生活棟と画家であった夫の緑敏のアトリエ棟の2棟で構成されている。
選定番号
57

50 明治神宮桃林荘

建造物写真

所在地
渋谷区代々木神園町 1番1号
建造物
建設年
明治初期
設計者
不詳
構造・規模(地下)
木造、平屋建て
最寄駅
JR山手線 原宿駅 表参道改札(西口)
東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前<原宿>駅 2出口
概要
明治神宮社殿の東方に建つ近代和風建築で、ガラス障子の縁側と廊下を巡らした書院造りの建物。もと一條家にあった茶室、華山亭が南側に付属している。
選定番号
60

<前の10件 次の10件>