このページの本文へ移動

大規模跡地開発土地区画整理事業

汐留地区 30.7ha

〈国際化・情報化に対応したまちづくり〉

 都心と臨海部を結ぶ交通の重要な結節点と位置づけ、旧国鉄跡地を中心とした土地利用の転換を図り、周辺地域と一体となった都市基盤整備を行い、業務、商業、文化、居住等の施設を誘導することにより多機能都市空間の形成をめざしたまちづくりを進めてきました。

汐留地区写真
平成30年10月撮影

秋葉原駅付近地区 8.8ha

〈秋葉原駅周辺の総合的なまちづくり〉

 つくばエクスプレスの導入空間の整備とともに、神田市場跡地や旧国鉄跡地等を中心とした地域において、周辺地域を含めた土地利用の転換を図り、業務、商業、居住、文化等の諸機能を導入し、IT産業の世界的拠点をめざしたまちづくりを進めてきました。

秋葉原駅付近地区写真
平成23年12月撮影