このページの本文へ移動

環二地区

施設建築物

 環状第二号線の施設建築物は、新橋駅に近いⅠ街区(新橋街区)、虎ノ門にあるⅡ街区(青年館街区)、Ⅲ街区(虎ノ門街区)の、3つの街区に配置されています。
 限られた土地の有効利用並びに周辺街区との調和を図り、良好な市街地を形成できるよう整備を行いました。


街区詳細  Ⅲ街区

Ⅲ街区(虎ノ門ヒルズ)

 Ⅲ街区(虎ノ門街区)は、業務機能と併せて居住、商業及び文化・交流機能を配置し、土地の高度利用により、シンボル性の高い建物を配置して、特徴的な都市景観を形成していきます。
 特定建築者となった森ビル株式会社により、平成23年4月から建築が行われ、平成26年5月に竣工を迎え、権利者の皆様へのお引渡しが完了しました。

写真
(クリックで拡大)

施設建築物概要

  • ・文化・交流機能(ホテル、カンファレンス)の導入を図り、国際交流や観光都市の推進に貢献します。
  • ・防災性向上として非常用発電機、防災倉庫の設置などの対策も講じています。
  • ・街区内に約6000㎡の広場を設け、良質な屋外空間を確保しています。
  • ・立体道路制度により敷地を有効活用し、建物内部に環状第二号線がとおります。
  • ・街区北側に歩道状空地を新設し、良好な歩行者空間を創出します。
  • ・広場は一部に大屋根を設置し、降雨や日射に影響されない空間により利便性を高めます。

概要