このページの本文へ移動

水資源に関する啓発

 東京都では、水資源に関する啓発事業として、「水の週間」行事と「利根川水系上下流交流事業」を実施しています。

 
 
 

水の週間

 「水の週間」は、毎年8月1日の「水の日」を初日とする一週間を国が「水の大切さ」を国民に理解していただくため定めたものです。
 平成26年7月に施行された水循環基本法において、「水の日」は8月1日とするとされ、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解や関心を深める日として、法定化されました。
 東京都は、国土交通省及び水の週間実行委員会とともに、「水のワークショップ・展示会」や「水を考えるつどい」などの催しを実施しています。

利根川水系上下流交流事業

 利根川で結ばれた群馬県と東京都では、水源地域の自然保全をはじめ上流と下流のお互いの取り組むべき課題について、より一層の相互理解を深めるため、平成10年度から利根川水系上下流交流事業として、群馬と東京の親子によるダム見学・林業体験(毎年8月頃)などを行っています。