このページの本文へ移動

六仙公園整備

公園の概要

・都市計画名称:
東村山都市計画第5・5・3号六仙公園
・公園名称:
六仙公園
・位置:
東久留米市中央町三丁目地内 (計画区域)
・公園種別:
総合公園
・都市計画年月日:
平成7年9月8日
・都市計画面積:
約15.0ha
・現在の開園面積:
0ha
・事業主体:
東京都

事業の概要

 東久留米市付近は総合公園の空白域でしたが、本公園はこれを埋める区域に計画決定されました。黒目川水系、落合川の南方台地上に位置し、東は落合川の水源の一部をなす南沢湧水及びその周囲の南沢緑地保全地域(東京都環境局所管)に隣接しています。これらの自然資源との連携により、「東京構想2000」では東京における水と緑の骨格軸をなす大規模公園として位置づけられています。西武池袋線東久留米駅の南西、約1.3kmに位置し、現況はおもに畑や宅地となっていますが、将来は宅地化の予想される地区です。基本計画では周辺の環境に配慮した自然型の公園となる予定で、現在、用地取得を進めています。

これまでの経緯

・平成7年9月
都市計画決定
・平成13年6月
事業認可

六仙公園の計画

六仙公園の計画図1

六仙公園の計画図2

六仙公園の計画図3

六仙公園の計画図4