このページの本文へ移動

芝公園整備

公園の概要

・都市計画名称:
東京都市計画第5・6・15号芝公園
・公園名称:
芝公園
・位置:
港区虎ノ門三丁目、愛宕一・二丁目、芝公園 各地内
・公園種別:
総合公園
・都市計画年月日:
昭和32年12月21日
・都市計画面積:
約33.0ha

事業の概要

 日本最古の公園の1つ、芝公園は、長い間中央部を民有地などが占めているドーナツ状であったため、公園利用上、不便な状態が続いていました。現在、この中心部において西武鉄道株式会社が、特許事業(※)の認可を受け、新しい公園の建設を進めています。(平成17年9月事業完了予定)
 また、隣接地では、平成14年10月に港区が区立公園を設置いたしました。
 これらの事業によって、芝公園の中央の空白部が一部埋まることになります。今後は、東京都、港区、西武鉄道のそれぞれの公園の一体化を進め、公園の利便性の確保を図っていく予定です。

(※)特許事業
 特許事業とは、都市計画法第59条第4項に基づき、都道府県知事の認可を受けた民間事業者が行う都市計画事業のことです。
 公園における特許事業は、昭和62年通達により国の取り扱い方針が示されました。その後、平成8年には東京都知事決定の取り扱い方針及び整備基準が定められ、以降はこれらに基づき運用しています。

芝公園の開園状況

図