このページの本文へ移動

防災都市づくり推進計画
~「燃えない」「倒れない」震災に強い安全・安心な都市の実現を目指して~

見出し:防災都市づくり推進計画

  • 防災都市づくり
  • 推進計画
  • 委員会・専門部会
  • ビジュアル版

最終更新日:令和3(2021)年3月31日

 東京都は、地震に強く、大地震が発生した場合にも被害を最小化する防災都市づくりを進めるため、「防災都市づくり推進計画」に基づき、不燃化特区制度の活用や特定整備路線の整備などにより、 木造住宅密集地域の改善などに取り組んできました。
 これまでの取組の成果や課題に加え、新たな視点も踏まえた効果的な施策を展開するため、防災都市づくりに関する目標や施策について検討し、令和2年3月に防災都市づくり推進計画〈基本方針〉を改定しました。
 同方針を基に整備プログラムの見直し等を行い、令和3年3月に防災都市づくり推進計画の整備プログラムを改定しました。

推進計画〈基本方針〉改定のポイント

○ 特に甚大な被害が想定される整備地域を対象に、10年間の重点的・集中な取組として実施してきた、不燃化特区制度の活用や特定整備路線の整備について、取組を5年間延長し、引き続き、整備地域の不燃化を強力に推進

図1

○ 木造住宅密集地域においては、敷地の細分化防止や建築物の不燃化を図っていくとともに、農地を有し、将来の宅地化も想定される地域について、必要に応じ、防災性の維持・ 向上を図り、安全で良好な住環境を形成

図2

○ さらに、木造住宅密集地域等の改善に併せて、地域特性に応じた創意工夫による魅力的な街並みの住宅市街地への再生を促進

図3

推進計画〈基本方針〉(令和2年3月改定)の概要

概要版(PDFファイル1.5MB)

整備プログラムの改定(2020年度)

 基本方針を基に整備プログラムの見直し等を行い、防災都市づくり推進計画の整備プログラムを改定しました。今後は改定した整備プログラムに基づき、諸施策を推進していくとともに、新たに取り組む施策等について、毎年度更新を行います。

主な改定内容

〈整備地域〉

  • ① 基本方針において新設・強化した施策
    •  ・ 地域特性を生かした街並みの住宅市街地への再生支援
    •     本町地区(渋谷区)、谷中地区(台東区)
    •  ・ 都有地活用やUR等との連携による魅力的な移転先の確保
    •     江北地区(足立区)など
    •  ・ 無電柱化を進める路線の追加・進捗表示の細分化
    •     進捗表示:検討中・事業中・整備済の3段階
  • ② 令和3年度以降に事業実施・規制導入するもの
    •  ・ 木造住宅密集地域整備事業  :戸越六丁目地区(品川区)など
    •  ・ 防災街区整備事業      :東中延一丁目11番街区など
  • ③ 令和2年度に新たに事業着手したもの
    •  ・ 防災街区整備事業      :池袋本町三丁目20・21番地区など
  • ④ 令和2年度に事業完了したもの
    •  ・ 都市防災不燃化促進事業   :補助119号線東側(墨堤通り)など

〈重点整備地域(不燃化特区)〉

  • ・建替え助成や固定資産税等の減免措置など制度の継続、支援策の拡充
  • ・新たに指定する不燃化特区を反映

〈特定整備路線の整備〉

  •  2025年度末までの28路線全線整備に向けて取組を推進

〈木造住宅密集地域等における安全な市街地の形成〉

  • ○ 農地の無秩序な宅地化による防災性の低下を防止
  • ○ 不燃化の状況等が木造住宅密集地域と同等な地域において、耐火性能が低い建物の建設や高密化による防災性の低下を防止
  • ○ 「地区計画」や「防火規制」の導入等の取組状況を整備プログラムに示し、区市の取組を促進

本文

防災都市づくりに関する検討

 防災都市づくりに関する検討について、学識経験者による専門の立場からの検討を行うため、委員会及び専門部会を設置し、検討を行っています。

平成29年度 防災都市づくり推進計画検討部会

  • 第1回 平成30年3月28日
  • 参考資料

平成30年度 防災都市づくり推進計画検討委員会

  • 第1回 平成30年6月28日
  • 参考資料

令和元年度 防災都市づくり推進計画検討委員会